事業者のみなさまへ

にっぽん てならい堂では、日本の素晴らしいモノづくりを体感できる商品を探しています。

また、事業者さまのご要望に応じて、主に下記のサービスをご提供しています。

<メーカーさん、つくり手さん向け>

①ものづくり体感企画立案、集客、運営サポート
②取材コンテンツ(広告)の作成、にっぽん てならい堂への掲載
③ものづくりに関するアドバイスと協力
④ブランディング、マーケティングに関するアドバイス等
⑤WEBサイトの制作、各種クリエイティブの制作

<ワークショップをさがしている方向け>

商業施設やイベント等でのワークショップ企画/運営のご提供

このページでお伝えしたいこと

1.てならい堂の理念
2.てならい堂が探している体感機会について
3.メーカーさん、つくり手さん向け メニューについて
4.ワークショップをさがしている方向け 企画/運営協力について
5. 連携パートナーの募集について

1.にっぽん てならい堂の理念

ツクルとツカウをもっと近くに

私たちは、日本各地の質の高い「モノづくり体験」に気軽に参加できる環境を整えることで、自分らしい暮らしを続ける消費者と、 質の高いモノづくりを続けるつくり手の距離を近づけます。

そして、日本のモノづくりが、それを支える地域社会が、そして素晴らしい生活が、ずっと続いていくことを願っています。

2.てならい堂が探している体感機会

にっぽん てならい堂が考える、つかい手にとって価値ある商品とは、例えば以下の3点を満たす商品です。

①地域の環境、生活者、生産者自身のいずれに対しても高い負荷を掛けずに、長く作り続けられ、使い続けられる商品であること。
②地域性や歴史、個性まで含めて、そのメーカー/つくり手がつくる意味合いが感じられる様、デザインされていること。
③マーケットインでもプロダクトアウトでもどちらのアプローチであったとしても、つかい手のことが考え抜かれ、その商品を使う人の幸せが想像できること。

つかい手にとって価値ある商品をベースに、そのモノづくりを体感できる機会もまた、お仕着せのものでなく、つかい手の立場で考え抜かれた魅力的な機会であって欲しいと考えます。
また、単に自分自身でやってみるということではなく、あくまで日本のプロのモノづくりの技術がそこにあって、それを体感できる機会を提供することがてならい堂のコンセプトであり、以下の様な機会を想定しています。

①工場や工房など、モノづくりの現場を見学する
②その工程の一部を自分で体験できる
③商品の一部をカスタマイズする希望を直接伝えられる
④つくり手、職人などと直接対話し、コミュニケーションが取れる
⑤その他、プロのモノづくりを直接体感できる機会があれば何でも

尚、僭越ながら、上記の基準に加え、てならい堂のお客様の趣味・嗜好を勘案した上で、お店としての統一感、価値観を保つため、商品と体感機会はセレクトさせていただいておりますので、何卒、ご了承ください。

モノづくり体感機会の意義について

社会がものすごいスピードで変質し、流通構造も大きく変化する中で、メーカー/つくり手さんによる、直営店運営、web発信と販売、ワークショップや工場見学会の開催など、消費者に対する直接的なマーケティングの重要性はますます高まっていると考えています。

もちろん、モノを作ることが本分でいらっしゃいますので、こうした取り組みを実施するにも限界がありますし、また、既存の流通業社さんと競合する部分があることを懸念されるメーカー/つくり手さんもいらっしゃいます。しかしながら、現在の社会の変化の早さを考えますと、流通業社さんのフィルターを通さず、迅速につかい手の声を捉える必要がありますし、本当につかい手にとって価値ある商品を作るための最良の方法を採ることが、何よりも大事なことであると考えられている方も多いと思います。

商品の開発や改善に活かすべく、つかい手との一定の直接的なコミュニケーションを取るための、皆さんが持っている一番大きな資産は、モノを生み出す現場と生み出す人達を持っていることだと思います。こうしたリアルでの強みを、ネットの持つ拡散力や双方向性と組み合わせることで、魅力的な価値として、もっともっと多くの人に伝えていくことができるのではないかと、私たちは考えています。

また、既にそうした取り組みをされているメーカー/つくり手さんも増えていますが、やはり単体での発信では届く範囲も限られ、そうした取り組みをされている方々が集まることで、より大きな発信力となり、相乗効果でより多くのつかい手に届けていくことができるでしょう。

一方で、つかい手を取り巻く環境も大きく変化しています。100円ショップの台頭やweb販売の即日配送の拡大は、確かに価格や便利さを求める消費者によってはひとつの価値ですが、価格も配送スピードも限界のあるものであり、その先は行き止まりです。未来が見えません。

その様な環境に置かれても、日本のつかい手は良い商品を探すことを止めてしまった訳ではありません。そうした利便性の提供がエスカレートするほどに、良いものを吟味したり、直接商品を見に行ったり、作っている人と直接話したりという行為は、むしろその価値が認識される機会は増えている様に感じます。各種ワークショップへ参加する人が目立ち、クラフト系のマーケットイベントが増え、あるいはモノづくりを絡めた地域イベントが成功を収めるなど、やっぱり日本の消費者は日本のモノづくりに敬意を払い、その繋がりが失われつつあることを危惧し、自ら足を運んでいる、そんな気がしてなりません。

日本のモノづくりを体感できる機会を提供し、その参加のハードルを下げることは、そうしたつかい手に対し、より価値ある商品と出会い、また、体感することでそのモノに自分だけのストーリーを付加し、より生活の中で長く大切に使い続けられる、そうした価値を提供することに繋がると信じています。

てならい堂で扱う配送商品について

にっぽん てならい堂では、現地で体感する商品の他に、一部、お客様宅まで配送する商品も取り扱っています。取り扱う商品は、現地に体験に行けないお客様が、家で体感できる商品であり、何かしらの未完成要素を含み、家でひと手間が必要となる「ひと手間商品」とサイト上では呼んでいます。例えば、以下の様な商品です。

・素材
・道具、ツール類
・製作キットなど
・組み立てたり、加工したりすることを目的とした商品

基本的な選定の基準は、体感商品に準じます。
こうした商品をお持ちの方がいらっしゃれば、是非ご連絡ください。

 3.メーカーさん、つくり手さん向け メニュー

にっぽん てならい堂では、既存の枠組みに囚われずに、持続可能なものづくりを模索するメーカー/つくり手さんの力になりたいと思っています。

特に、ワークショップなど、自社のものづくりを直接体感してもらう機会については、2013年のオープン以来、各地工場/工房での実施や百貨店、イベント、ホテルでの実施など、実績を積んで参りました。また、てならい堂にはこうした機会に興味ある生活者が集っており、自社だけでは難しい、集客面でのお手伝いが可能です。新しい体感機会をみなさまと一緒に企画したいと考えておりますので、お気軽にご相談ください。

また、体感機会はその実施頻度の制約があるかと思いますので、収益側面よりも御社のブランディング、マーケティング戦略の中での位置づけが大事であると考えています。私たちの仲間には、小さいながらも、モノづくりを応援したいという熱意を持った会社が多数ありますので、彼らと連携しながら、一連のブランディング〜販売活動のサポートも可能です。

 料金イメージ

①ものづくり体感企画立案、集客、運営サポート:5万円〜
②取材コンテンツ(広告)の作成、掲載:8万円/月〜
③ものづくりに関するアドバイスと協力:5万円/月〜
④ブランディング、マーケティングに関するアドバイス等:5万円/月〜
⑤WEBサイトの制作、各種クリエイティブの制作:予算応相談

お話をお伺いしながら、必要な解決策を一緒に考えさせて頂きますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

サポートパートナーのご紹介

メーカー/つくり手の皆様にサポートメニューを一緒にご提供する、私たちの仲間をご紹介いたします。

web製作/web戦略:ARCHIPELAGO株式会社
PR戦略/PR業務委託:株式会社Casokdo
イラストレーション/デザイン:清水紗彩
デザイン/アートディレクション:小河知穂
撮影:吉田朱里
WEBデザイン:荻原由佳

4.ワークショップをさがしている方向け
企画/運営協力について

商業施設やイベント等でのワークショップの企画/運営を承ります。ご要望をおしらせくださいませ。

企画料:10万円〜 +運営費別途(内容に拠る)
*成果報酬型のお話は、現在お受けしておりません。大変恐れ入りますが、予めご了承ください。

5.連携パートナー募集

にっぽん てならい堂では、てならい堂の理念に共感し、一緒に活動したり、連携していただけるパートナーさんを探しています。従来のものづくり関係者や販売先とだけ取り組んでいてもイノベーションは望めません。音楽、アート、エンターテイメント、スポーツ、食などあらゆるジャンルのみなさまとの新しい組み方を模索しています。

単なる情報交換でも結構です。お気軽にご連絡ください。

全てのお問い合わせ先

mailto:tenaraido@tsuzuku.co.jp

お問い合わせフォーム

tweet share