main

『てならい365日』とは?ーワードは 「こころ良い生活」

自分の生活の中での振る舞いや、使う道具を見つめ直すことで、自分はもちろん、つくり手や社会や環境も幸せになるような、そんな「自分のこころにも良いことをしている」と感じられる生活を、「こころ良い生活」と名付けてみます。

あなたにとって、「こころ良い生活」とは、どんな生活でしょうか。その生活に必要なのは、どんな道具や技術でしょうか。

このワークショップは、あなた自身の「こころ良い生活」を、日常の中で探し続け、物語に仕立てるワークショップです。一度参加して終わりのワークショップとは少し趣が違います。決まった日時や集合場所はなく、みなさんの気が向いた時に、自分の生活と向き合うことで、このワークショップは進んでいきます。アウトプットをしたり、仲間と共有したり、ご自身のペースで自分自身の物語を、五感に従ってつむぎ続けましょう。

 

具体的にはどんなことをするの?

あなただけの「こころよい生活」を見つけるために、具体的に探してもらいたいのは、次の3つの事がらです。

mittsu

 

これら3つを探して、気づいたことをノートに記録することで、てならい365日は進んでいきます。意外と自分がどう感じているかを立ち止まって、考えてみる機会は少ないもの。言葉として書いてみることで、あなたにとっての「こころよい生活」が段々と見えてくるはずです。

① わたしの解釈  

道具や生活の中の行為ひとつひとつを、あなたがどう感じているのか、ひとつひとつの解釈を見つけてみてください。

② わたしの判断  

道具や生活の中の行為を選ぶ際に、自分がどう選んでいるのか、これからはどう選びたいのか、自身の判断軸を見つけてみてください。

③ 次世代への贈り物    道具や生活の中の行為で、子どもや子どもたちの世代に残したい、つなぎたいと思うものを、見つけてみてください。

 

『てならい365日』は「手紙」から始まります。

毎月、てならい堂から皆さんに手紙を送りします。そこには『てならい365日』の「サブテーマ」が書かれていますので、この「サブテーマ」についての「わたしの解釈」「わたしの判断」「次世代への贈り物」などについて、日々の生活の中で探してみてください。

このサブテーマには、取り組むのも取り組まないのも自由。他におもいついたテーマに取り組んでもOKです。サブテーマは数ヶ月単位で変化していきます。「わたしの解釈」「わたしの判断」「次世代への贈り物」はもちろん、日々の生活で見つけたこと、気づいたことは、自由にお送りする専用ノートに記録していってくださいね。ノートにはあなただけの宝の山になっていくはずです。

4

『てならい365日』はこの4つをめぐりながら進んでいきます。

 

探したあとはどうするの?

3ヶ月経つ頃には、あなたのノートには「こころよい生活」のタネがいっぱい溜まっていると思います。せっかくなので「まとめ」として、何かひとつのアウトプットにまとめてみることをお勧めします。

もちろん、アウトプットの方法は自由ですから、皆さんの思うままにアウトプットしてくだささい。「物語に仕立てるワークショップ」といっても、物語のかたちは文章だけとは限りません。例えば、写真を撮る、絵にする、コラージュする、五行の詩にする、調べる、体験する、手づくりする、踊るなどなど。その時その時の皆さんの直感に従ってみてください。

アウトプットは、自分だけの秘密にしても、ご家族と取り組んでみても、SNSで発表しても、どんな形でも自由です。また、もし、あなたがこのワークショップに参加している仲間たちと共有してみたいと思ったら、季節ごとに一度、ワークショップの発表会を行いますので、ぜひそちらにご参加ください。 

これを繰り返していくことで、あなたの、そして、参加する皆さんの物語を紡いでいきましょう。

「直すこと」について文章を書いてみたり、イラストも加えて絵日記のようにしてみたり。ご自由にてならい365日ノートに取り組んでみてくださ

「直す」ことについて文章を書いてみたり、イラストも加えて絵日記のようにしてみたり。自由に『てならい365日』のノートに向かってみてください。

 

さあ、あなた自信の物語を、探しにいきませんか?

この『てならい365日』に参加する唯一の条件は、てならい堂のサポート会員であることです。サポート会員お申込みのその日から、ワークショップの1日目が始まります。お申し込みいただいた方には、てならい堂から本ワークショップについてのご案内を、改めてお送りいたします。それでは、私たちの物語をつむぐ旅を始めましょうか。

 

参加方法

1  

①「てならい365日」始める

参加希望の方はサポート会員に登録して、下記のフォームからヒントメールを申し込むだけ。お申込みのその日から、ワークショップの1日目が始まります。*有料のサポート会員へのご登録が必要です。

※ サポート会員登録はこちら

※ 申込はこちら

2   ②手紙を受け取る

てならい堂からお手紙とノートが届きます。このお手紙には、みなさんに特に取り組んでもらいたいサブテーマが記載されています。手紙にあるサブテーマには取り組むかどうかは自由、他のテーマに取り組んでもOKです。

3  

③生活の中で探す

ノートにあなたの物語のタイトルと、取り組む頻度を書き込んだら、日常の中の「わたしの解釈」「わたしの判断」「次世代への贈り物」を自分のペースで探してみてください。ご案内メールを参考に、考えたり、体験したり、探し方も自由。文章、イラスト、写真を貼る等、自分の使いやすいように「てならい365日」のノートに記録してください。

4  

④アウトプットしてみる

季節ごとに皆さんの直感に従って自由にまとめてみてみましょう。例えば、イラスト/五行の詩/クラフト/写真/コラージュ/音楽/小説/エッセー/踊り、、、この中からあなたのアウトプットを選んでみてください。もちろん他に思いついたことがあれば、ぜひそれで!

5   ⑤仲間と共有する

季節ごとのオンライン発表会で同じワークショップに取り組む仲間と共有してみましょう。発表会では、取り組んだこと、考えたこと、新しく知ったなど、記録や感想をシェアします。他の人の視点を知ることで、また新しい発見があるかもしれませんよ。

 

『てならい365日』はサポート会員なら今日からすぐ始められます。少しでも興味を持った方は、お気軽に下記の「始める」ボタンを押して、フォームからお名前だけ教えてください。定期的にヒントが送られてきます。

 

%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%82%8b-01