京おざぶ textile by Chihiro Yasuhara(にっぽん てならい堂×洛中高岡屋)

ゲスト価格

8,640 円 ~ 9,180 円 税込

商品コード: zabuton_circle_B ~ zabuton_square_S

関連カテゴリ

  1. ひと手間アイテム
数量

京都「洛中高岡屋」の職人がChihiro Yasuharaのファブリックで仕立てる、京座布団。
※完全受注生産のため、ご注文より製作期間を約2週間ほどいただきます。



椅子やフローリングが一般的な暮らしの中にも、ぜひお洒落に取り入れて欲しい“おざぶとん”です。畳の上で座ったり寝転がったりするときにはもちろん、食事をするときやデスクワークをするときにも使って欲しいので、椅子の上にも敷けるサイズにしています。そう、座布団こそが、「座り心地」を最も追求したアイテム。その心地を最高にするために、座布団のヘタリをあらかじめ考慮してワタを入れていく職人技術があり、ワタを入れ替えて新品同様に戻す「打ち直し」といった様々な作業があります。そして座布団を使うという行為そのものが、実は、おもてなしや思いやりの気持ちが込められた日本人ならではの豊かな精神性に深く結びついているんですね。座布団が持っている大切なコトは受け取りつつ、もっと自由に、現代(いま)の生活に取り入れて欲しいと思います。

そんな座布団を仕立ててくれるのは、1919年(大正8年)創業の「洛中高岡屋」の職人さんたちです。彼らの見事な手仕事をぜひ、あなた自身のお尻で体感してみてください。

なにより、この“おざぶとん”を素敵たらしめているのは、テキスタイルデザイナー・Chihiro Yasuharaによる、愛らしい花々が描かれたテキスタイルデザイン。まるで物語を紡ぐように、植物や動物を豊かな色彩で描く安原ちひろさんのファブリックで座布団が作れるのはここ、てならい堂だけです。

Flower garden

Sunny place

barbara

40cm×40㎝の四角形

直径40㎝の丸形

チェアもグッと素敵に
ちなみに、座ってるうちにもっとへたってきます。座布団ですから。

スツールの上で使っても可愛らしさアップ

生地はこんなかんじです

京座布団は、上面がカマボコのように中央が盛り上がっているって知ってました?ほら、横から見たらこんなかんじに。体重がかかる中央部分にはワタを多めに入れ、ヘタリにくくするという伝統の技が施されているのです。
サイズ四角形:40㎝×40㎝ 丸形:直径40㎝
素材生地:綿100% 中身:綿70%ポリエステル30%
中身重量四角形:470g 丸形:370g
使用上のご注意※本品は裁断、縫製、わた入れ、仕上げまで全て職人の手作業で作られているため、一つ一つの大きさ・形・重さ・硬さ等が若干異なります。
※本品は詰め物に「わた」を使用した座布団ですので、ヘタリが生じます。ご理解をお願いします。
※通気性のある生地を使用しているため、座布団が衣服等にこすれると静電気が起こりやすくなり、 内側よりわたの繊維が出ることがあります。あらかじめご了承ください。
お手入れ方法 ※ご家庭でのお洗濯はお避けください。
※部分的に生地が汚れたらすぐにつまみ洗いし、十分乾燥させてください。お洗濯をご希望される際は、クリーニング専門店にてお願いいたします。
※詰め物を傷める恐れがございますので、ふとん叩きなどで強く叩かないでください。
※湿気の少ない場所に保管し、使わない間も時々日に干してください。
アフターメンテナンスに関して わたの詰め替えや生地の洗濯などのメンテナンスが可能です(有料となります)。
詳しくは、下記までお問い合わせください。
株式会社 高岡/担当:雑賀(さいか)
TEL: (075) 341-2251 / FAX: (075) 341-2255
MAIL:head-office@takaoka-kyoto.jp

洛中高岡屋
1919年(大正8年)創業、京都・五条にある老舗の寝具寝装品メーカー「株式会社高岡」が手がける、座布団ブランド。職人仕立てにこだわったものづくりを続けています。
>>【おはなし】人生の中でなかなか無い、座布団について考える時間です

Chihiro Yasuhara
イラストレーター/ペインター/テキスタイルデザイナー
2006年 多摩美術大学テキスタイル科卒業
2012年よりフリーランスとして活動
同時に、自作の絵をテキスタイルにして発表
>>【おはなし】Chihiro Yasuharaが描くもの、繋げるもの