ほのかに江戸の香りを感じる街、神楽坂。古き良きものと新しいものが入り混じったようなちょっと変わった街です。

その神楽坂の路地の奥のそのまた奥にひっそりとたたずむ、にっぽんてならい堂の「ひみつの小店」で新しい体験、「はじめての錫(すず)の鋳物ワークショップ」を始めます。

富山県高岡のつくり手から譲り受けた錫の鋳物の道具一式を使って、かわいいスプーンをつくってもらいます。

当面の間は、グループ(4名様まで)もしくは、おひとりでご参加の場合は、最大2名様までとして、しっかりと距離をとって開催いたします。

鋳物(いもの)と言われても、ほとんどの人はなんだか分からないと思います。

鋳物とは、溶かした金属を鋳型に流して固めて作る、”鋳造技術”で作った金属製品のこと。例えば、岩手の南部鉄器の鉄瓶や鍋は鉄を溶かして作った鋳物ですし、お寺の鐘や銅像は銅を溶かして作った鋳物ですし、いつも何気なく目にしているマンホールの蓋も鋳物です。

ということで、鋳物といっても金属も色々ですが、ひみつの小店では融点が低いため溶けやすくて、扱いやすい錫という金属を使います。錫は仏具や酒器に使われていて、錫の器で飲むとお水やお酒がまろやかに感じられるとよく言われます。

この錫を溶かして、小さなスプーンを作ってみましょう。

どうやって作るかと言いますと。スプーンの周りを砂で固めて、そこからスプーンを取り除くと、ぽっかりとスプーン型の穴が空きますよね。ここに溶かした錫を流し込んで、冷えて固まればスプーンが出来上がり!これが鋳物という技法です。簡単でしょ。

と、原理は簡単なのですが、砂を詰めてスプーンの型(砂でつくるので砂型と言います)をつくるにも、これがけっこうデリケートで力加減が意外と難しいです。でも、大丈夫。やっていくうちにだんだんとコツがつかめてきますよ。

きれいなスプーンができるかどうかはこの砂型の出来次第。砂型に錫を流す緊張の一瞬!さあ、あなたのスプーンは綺麗に仕上がるのでしょうか。スタッフとしても、ぜひとも綺麗に仕上がっていて欲しいです。笑

なお、高温のため火傷の恐れがありますので、流し入れだけはスタッフが行わせていただきます。

鋳造は古くから世界各地で行われてきた技術で、日本には弥生時代に伝わってきたのではないか、とか。先ほど触れた南部鉄器のように、素材ごとに日本各地に鋳物の街がありますが、富山の高岡は江戸時代の始めから銅の鋳物で栄えた街。

この高岡のつくり手から、技術と想いを受け継いで、ひみつの小店スタッフが、スプーン作りのお手伝いをいたします。

ひみつの小店は、私たちがモノを手に入れることを見直す”きっかけ”のお店。そして、日本の地域のモノづくりにつながるの”入り口”お店でありたいと思っています。

自分でモノをつくるということは、そのモノに自分だけの物語を吹き込んでいくことだと思います。ちょっと曲がってしまったり、かけてしまったものでも、自分で作ったものだとなんだか愛着が湧いてきます。

モノをつくる楽しさだったり、難しさだったりというものは、五感を使った体験でしか感じられません。そこから、作り手のモノに対する真剣な想いだったり、大量生産されたものと手作りのものの違いだったり、いつも何気なく見ていたモノやコトがいつも少しだけ違うようにみえてくるのだと思っています。

てならい堂のスタッフはそんな物語を皆さまと一緒に紡いでいきたいと考えています。

意外と手軽で、そして思ったより難しい錫の鋳物のスプーン作り。夏休みの思い出に、一度いらしてみませんか。


imono1

木枠の中に型用のスプーンを置いて、
周りに土を詰めていきます。
しっかり押し固めるのが成功のコツ。

imono2

下段ができたら、木枠を重ねて上段を作ります。
湯道(錫を流し込むための道)用の筒を置いて、
さらに土を詰めていきます。

imono3

型用のスプーンを取って、湯道や形を整えたら、
型の完成です。

imono4

上下の型を合わせて固定したら、錫を流しこんでいきます。
緊張の一瞬です。

imono5

砂から取り出した状態です。
スプーンの縁に錫の残りが付いてますが
綺麗にやすりで取っていきます。

imono6

磨けば磨くほど綺麗になっていきます。
綺麗なスプーンになるまでには時間がかかります。
おうちに帰ってからも磨き続けて下さい。


内容 :  砂を使って、鋳型を作り、溶かした錫を流して固める鋳物スプーンづくり体験。

サポート会員価格:4,500円 / ゲスト価格:5,500円(共に税込)

*2人以上でのお申込みは割引があります。

:サポート会員価格:3,500円 / ゲスト価格:4,500円(共に税込)

※失敗する事があります。が、もう一度チャレンジできる時間をご用意しております。

日時 :

おひとり枠:2020年8月毎週
①水曜13時 
②土曜16時
③日曜13時

グループ枠:2020年8月毎週 
①水曜16時
②土曜13時 
③日曜16時

*2名以上でのご参加はこちらの枠でお申し込みください。

2時間程度の体験です。(進行速度により変わります)

事前予約が必要です。13時の体験は前日午後12時まで、16時の体験は当日午後12時までにお申し込み下さい。

定員 : 

2名

※グループ枠は4名様まで

場所 :  にっぽん てならい堂(ひみつの小店)
東京都新宿区横寺町30 茶の木テラス202
注意事項:

※ ワークショップでは砂を扱いますので、当日は汚れても良い服装、靴でお越しください。

※新型コロナウィルス対策のため、入店時にはアルコール消毒とマスクの着用をお願いいたします。当日、発熱等の症状がある場合は、キャンセルのご連絡をお願いいたします。

※出来上がりには個人差が出ます。

※お店として運営しているため、WS中に他のお客様が来店されることもあります。ご了承ください。

その他注意事項:
※現地までの交通費等はお客様ご自身でのご手配、ご負担となります。
※準備の都合上、キャンセルは3日前迄とさせていただきます。
※スマホからお申込いただく際に、クレジットカード決済通信中に通信が途切れてエラーとなるケースがあります。カード決済をする際は、電波の安定した状況で行って下さい。