★今回日程が合わない方で、次回開催のお知らせを希望の方はこちら

イチョウの木のまな板を、つくってみませんか。

会場は岐阜のつくり手さんのアトリエ。電動糸ノコやかんななど木工の道具を使った本格体験です。

昔の料理人は、みんなイチョウのまな板を選んでいたとか。

豊かな森を抱く岐阜という土地に、つくり手を訪ねてつくるまな板が、その後の私たちの生活を豊かにしてくれることは間違いないと思います。

593_d007_org

このワークショップでは、まな板の”頭の部分のかたち”を2種類のパターンのどちらかを選んで、切ったりくり抜いたりしながら、自分自身でそのかたちを作って削って、きれいに仕上げていきます。

電動糸ノコやドリル、かんな等、普段の生活では使うことのない、つくり手の道具を手にしての、本格的な木工体験です。

とはいえゼロから始めると膨大な時間がかかってしまいますから、大まかな形はつくり手さんの方で準備してもらっておいて、2時間ほどの作業を皆さんには担当してもらいます。

焼きペンで名前を入れたり、壁に引っ掛ける用の穴をドリルで開けたりと、細かなカスタマイズもできます。

「大変」と思うことはあっても、「できない」ということはないです。不器用な人でも大丈夫。「自分、不器用だなー」ということが分かって、つくり手へのリスペクトが増しますよ(笑)。

つくり手とコラボで仕上げるまな板。持ち帰ったその日から、台所に立つのが楽しみになること請け合いです。

419_d002_org

今回教えてくれるのは岐阜で「つかい手に寄り添う木の道具」をつくり続ける「woodpecker」の福井さん。それぞれの道具に合わせて最適な樹の種類を選ぶところから、福井さんのモノづくりは始まります。

そんな福井さんがまな板にセレクトした木は”イチョウ”です。みなさんは、今どんなまな板を使ってますか?

ひのき、桐、プラスチック、、、色々と一長一短ありますが、自分がこれが気に入っている!ということが大切な気がします。

てならい堂では、福井さんに、「昔の料理人はみんなイチョウのまな板」って聞いてから、ええ!そうなの!?とひとしきり驚いたのち、「そうかもね」「そうだよね」と、まな板はイチョウ一択になってしまいました。

料理人がイチョウを選択した理由は、その柔らかさが包丁の刃に最も合うから。

なるほどと思いつつ、これを本当に実感するには、やっぱり触ってみるのが一番です。ワークショップで、小刀やかんなで実際にまな板を削ってもらうことでその柔らかさが包丁の刃に合うという意味を、五感で体感してみましょう。

それは同時に、ものづくりしている人たちの思いを体感することでもあります。

dsc_7998-nef

ワークショップは岐阜のwoodpeckerさんのアトリエで実施します。これまで東京へ来てもらって、何度かまな板づくりのワークショップを開催してきましたが、今回はいよいよ福井さんの本拠地を訪ねます。

 つくり手を訪ねる、ということ自体に意味があると思っています。それは、すっかり離れてしまったツクル人とツカウ人の距離を縮めることだから。

なんのために?と聞かれたならば、私たちが日々使っているものが持つ物語を知り、そして次の世代につなげるためだと、てならい堂は思います。

だから、私たち生活者の側が、積極的につくり手に会いに行って、「ちゃんと知らないままにしてきたけど、本当は知っておいた方がいいこと」を、教えてもらうのはどうでしょうか。

「つくり手と一緒にまな板をつくる」ということは、今まで私たちが経験したことのない「まな板の手に入れ方」になるはずです。

woodpecker_2-1

全国で評判の福井さんのいちょうの木のまな板も、最初のきっかけは奥さんへのプレゼントだったとか。素敵なお話ですよね。

私たちもその土地を訪れることで、道具のもつ素敵な物語と、深くつながることができます。

そうして手に入れたまな板が、私たちの生活を今までとは違うものにしてくれる。それは、間違いのない未来だと思いませんか。

岐阜という、てならい堂初上陸の地で、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

こちらから、どちらかの形を選んでください。

こちらの2種類の形から、どちらかお好きな方を選んで
自分でこの形をつくってもらいます。

会場はwoodpeckerの岐阜のアトリエ。ここからモノが生まれます。(製造は別の場所です)

会場はwoodpeckerの岐阜のアトリエ。ここで新しいモノが
生まれるのです。 (実際の製造は別の場所です)


大きさは大きすぎず小さすぎないこのサイズ。

焼きペンを使って好きな文字をいれることもできます。


内容:

頭の部分の形を2種類から選んで切って、角を小刀で削って、イチョウの木のまな板を一枚仕上げます。
 サポート会員価格:9,000円(税抜)
てならい会員価格:10,000円(税抜) 

スペック:

イチョウの木のまな板:いちょう(国産) / 無塗装(白木)
サイズ:大と中の間(約380×210×25mm)

日時:

★今回日程が合わない方で、次回開催のお知らせを希望の方はこちら

11月14日(土曜)13時〜
※約2時間半を予定していますが、個人の作業スピードによって差が出ます。

定員: 5名
場所:

woodpeckerアトリエ 岐阜県本巣郡北方町北方1502-2

その他注意事項:

※現地までの交通費等はお客様ご自身でのご手配、ご負担となります。
※準備の都合上、キャンセルは1週間前迄とさせていただきます。
※スマホからお申込いただく際に、クレジットカード決済通信中に通信が途切れてエラーとなるケースがあります。カード決済をする際は、電波の安定した状況で行って下さい。