「一枚鉄のフライパンは、一度使ったら手放せないよ。毎日使いたくなっちゃうよ。 」――― そんなこと言われたら、心がワクワクしちゃいません?パリッと焼き上がり、食材の味を引き立てる。けど鉄って重いよね?と思いがちですが、一枚の鉄から作られるので、最大限の軽さと最小限のお手入れを可能にしています、って、ああやっぱりつくり手さんの言葉は説得力がありますね。

dsc_6371-nef-1

 

この魅力たっぷりのフライパンを作っているのは、生活者のために考え抜かれた道具を作りたいと願う、一人の鍛冶屋さん。

そんな鍛冶屋さんの工房に飛び込んで、自分で熱い鉄を叩いて、叩いて、叩いてフライパンを作ってみませんか。日頃の不満を叩きつけるのもいいかもしれません。笑。そもそも“鍛冶屋”って聞いたことはあるけど、実際何してる人かよく知らないですよね。自分で一度体験してみることで、鉄の道具ってこうして作られているんだねーということがわかるはずです。

よくよく話を聞いてみると、鉄のフライパンって、意外と手間もかからないし扱いも難しくない。何より美味しい料理をつくるなら鉄のフライパンだと、料理にこだわる人のあいだでは有名って知ってました?

軽いとか、手入れが楽とか、安いとか、色んな基準がありますが、シンプルに「料理が美味しい」という最も魅力的な理由で、私たちは道具を選ぶことができるんですね。たちは、やっぱり知っておいた方がいいことをそのままにしてしまっていて、ちゃんと作ってる人に聞いてみることが、やっぱり大事だなーと思い直した次第です。

そしてもう一つの魅力は、毎日使うことが一番のお手入れとも言われるくらい、鉄こそが「育てる」道具であるということですね。

今回教えてくれるMetal NEKOの金子恭史さんは、鉄という素材と真摯に向き合って、手に馴染み、違和感なくフィットする道具を日々作っている鍛冶屋さん。

「真っ赤に熱した鉄をハンマーで叩いて延ばしたり、細くしたり、曲げたり、丸めたり。鍛造した鉄はそれまでとは違った表情を見せてくれる。」そう金子さんは言います。熱された鉄がどんな形になりたいと言っているのか、そんな“鉄の声”を聴くのだとも。

“鉄の表情”、見てみたいですよね。“鉄の声”、聴いてみたいですよね。そんな話を金子さんから聞いて、自分で鉄と向き合ってみて、「育てる道具」の本当の意味を知ることができるのかもしれません。

 

dsc_8419-nef

 

フライパン作りでは、真っ赤な炎をほとばしらせるコークス炉に、フライパンの原型となる一枚鉄を入れ、鉄に熱を加えていきます。鉄板が真っ赤になったら、槌を使って成形。叩いては熱し、熱しては叩き…を繰り返していく中で、なんだか叩きつけることに気持ちよさを覚えてくるかもしれませんが(笑)、ただ叩けば良いっていうものでもありません。

鉄は熱すると表面に酸化被膜ができるわけですが、叩くことで、成形するのと同時にその皮膜をはがしていくのです。熱する→叩く→はがす、を繰り返すことで、美しい鉄肌が表れてくるんですね。

「美しいカタチか」というだけではなく「美しい鉄肌か」というのも、鉄の道具の非常に重要なポイントです。

初めて鍛造体験する人がいきなりその境地にたどりつくことはできないわけですが、プロの金子さんにならいながら、鉄の道具の大切なコトも知ってもらえたらと思います。

成形の調整、酸化鉄落とし、油の焼き付けなど、最終的な仕上げまでを金子さんと一緒に行い、マイフライパンの完成です。

我が家に持ち帰って一番初めに、何を作りましょうか。その日からこのフライパンが、毎日の料理の相棒になってくれるのです。想像しただけでワクワクしますよね♪

ぜひ、鉄の声に耳を傾けて、あなたが聴いたその声を、フライパンという形にしてみませんか。

ライブ感満載の、コークス炉

ライブ感満載の、コークス炉

フライパンの原型。ここから叩いて叩いて叩きまくります

フライパンの原型。ここから叩いて叩いて叩きまくります


持ち手もこんなかんじに叩いて丸めます

持ち手もこんなかんじに叩いて丸めます

Metal NEKOの金子さん

Metal NEKOの金子さん


今回作るのは、直径18㎝もしくは20㎝のサイズです

今回作るのは、直径18㎝もしくは20㎝のサイズです

あー、お肉も焼きたいよぉ!

あ~お肉も焼きたい!


 

内容 : 一枚の鉄を熱して叩いて、フライパンの形に成形していきます。
●フライパンSサイズ
 1名で参加〉サポート会員価格19,000円/ゲスト価格23,000円
 2名で参加〉サポート会員価格24,000円/ゲスト価格28,000円(全て税抜)
●フライパンMサイズ
 1名で参加〉サポート会員価格22,000円/ゲスト価格26,000円
 2名で参加〉サポート会員価格27,000円/ゲスト価格31,000円(全て税抜)
※2名で参加の場合、1つのフライパンを一緒に作ります。
※作業時間内での完成が難しくなりそうな場合は、成形の調整・酸化鉄落とし・油の焼き付けなど、最終的な仕上げを金子さんにお願いし、完成品を後日お届けします。(送料は当日別途お伝えします)
スペック: フライパンSサイズ:直径180×全長370mm、約700g / 鉄・油焼き仕上げ
フライパンMサイズ:直径200×全長400mm、約800g/ 鉄・油焼き仕上げ 
日時 : 2020年4月4日(土)10:20集合〜15:30前後終了予定
(昼食休憩1時間含む)
※参加者皆さんの作業具合によっては、多少時間が延びる場合もございます。予めご了承ください。
定員:  最大2組(1人または2人で参加の計2組まで)
場所 :  Metal NEKO工房
埼玉県狭山市上赤坂500-5
※西武新宿線「新所沢駅」もしくは東武東上線「川越駅」よりバスと徒歩で約30分ほどかかります。乗車いただくバス時刻など移動手段については、お申し込みいただいた後にご案内いたします。
持ち物:  途中、昼食休憩を挟んでのワークショップとなります。昼食は、お客様ご自身でご用意ください。
服装:  服装は長袖・長ズボン、汚れにくいもの、汚れても良いものでお越しください。できれば綿製のものが◎。化繊の場合、火の粉や熱い鉄粉が飛んできたときに、焦げたり燃えたり、穴が空きやすかったりします。 靴も同様、足元にもいろいろ飛んでくる可能性がありますので、足元をしっかりカバーできるものの方が良いです(サンダルなどはNG)。靴下も足首が隠れるくらい長めのものをおすすめします。

その他注意事項:

※現地までの交通費等はお客様ご自身でのご手配、ご負担となります。
※準備の都合上、キャンセルは1週間前迄とさせていただきます。
※スマホからお申込いただく際に、クレジットカード決済通信中に通信が途切れてエラーとなるケースがあります。カード決済をする際は、電波の安定した状況で行って下さい。