★今回日程が合わない方で、次回開催のお知らせを希望の方はこちら

てならい堂で、開店以来取り組んでる“和裁”の教室は、和裁を身近に感じてもらうため、基礎から段階的に技術の幅を広げられる様に、レベルに合わせて3つの内容をご用意しています。

まずは和裁の基礎中の基礎である、運針を習いたいという方に向けた【初心者編】。
「和裁がうまくなる」と称してシンプルな和雑貨を作る連続コース【初級中級編】。
そして、いよいよ“キモノ”を自分でつくる連続コース【上級編】。

教えてくれるのは、おなじみの仕立て屋ユニット“ツヅクキモノ”さん。
「着物を続けよう」ということではなく、「着物は決して無くならない。続いて行く」という信念をユニット名に託した彼女達は、だからこそ、大好きな着物に触れる機会をもっと増やして欲しい、もっと気軽なものにしたい、と願い活動しています。

201610011-196

教室は毎月2回、第一と第三火曜/木曜の夜に開催。(火曜か木曜どちらかを申し込み時に選びます)

ご自身で作っていただくのは、浴衣 もしくは 綿紬の着物です。完成は縫うスピードによって変わりますが、半年〜1年を一旦の目安としています。

完成したあかつきには、今回の教室で共にチクチクと頑張った仲間や先生と、完成したばかりの浴衣や綿紬着物を粋に着こなして、街遊びを楽しみませんか? ― てならい堂(ひみつの小店)があるのは神楽坂。神楽坂にはキモノが良く似合うのです。

完成までは以下のような手順をイメージしています。(月数はあくまで目安です。)

初月〉好きな反物を用意する・反物を裁つ(裁ちの工程はお一人での参加となるので、初月のみ月1回となります。)

2~3ヶ月目〉脇縫いまで(腕を通して着てみることができます)

4ヶ月目〉衽(おくみ)をつける(ここまでくると、なんとなくもう着物の形に)

5ヶ月目〉袖を作る(【初級編】で学んだ、ティッシュケースを作るときのワザが活かされます!)

6ヶ月目〉衿つけ

7ヶ月目〉袖つけ

8ヶ月目〉仕上げ(感涙)  自分で仕上げたキモノを着て、仲間や先生と街遊び(楽しい!)

自宅で宿題をしてもらうこともあります。でもそれは、習った技術を次回の教室までに忘れないためでもあるんです。少しずつコツコツ続けることでじっくり和裁と向き合って、自分への特別な一枚を作ってみませんか?

きれいな生地を選んだり、それを身につけてワクワクする日常を楽しんだり。和裁を通して気づく日本の文化を、この機会にぜひ感じてみてください。


こちらは浴衣。お祭りや花火大会など夏のお出かけに ぜひ。

こちらは浴衣。お祭りや花火大会など夏のお出かけに ぜひ。

生地を綿紬にする場合は着物になります。
普段着でキモノ、憧れます。