にっぽん てならい堂では、新たにサポート会員向けに、つくり手を招いての「おはなし会」を開催します。

毎月、全国からお呼びしたつくり手たちに、道具のお手入れ法など、長く道具を使うために知っておいたほうがいいことから、ものづくりへの純粋な思い、あるいはマニアックな思いまで、生活者である私たちが、その生活をもっと豊かなものとするために、知っておいた方がいい物語を聞き出していこうと思います。

初回にフィーチャーする道具は、「イチョウの木のまな板」です。

dsc_7998-nef

 

料理をするときもせっかくなら素敵なものを使いたいですよね。例えば、木のまな板なんかがそう。なんだかプロっぽいし、調理も上手にできそう。

でも一方で、木製は扱いが難しくお手入れも大変そう。料理がもっと 上手くなったときの、もう少し先のアイテムかな…。そもそも、桐とかヒノキとか色々あるけれど、どれが一番いいのかな…。

そんな風に思っている人は多いかもしれません。

けれど、全ての素材を試してみて、比べてみる、なんてことは必要ないと思います。

私たちはもっと自分を信じて、道具を選べばいいのでは。その道具が持つ物語に共感できるなら、納得できるなら、その道具はきっとあなたの生活を愉しくしてくれるはずです。

私たちは、岐阜で「イチョウの木のまな板」をつくるwoodpeckerの福井さんから、「まな板はイチョウの木が一番いいと思う」と、オススメをされて以来、「そうかもね」「そうだよね」と思ってます。

昔から、料理人がみんなイチョウを指名する理由は、その柔らかさが包丁の刃に最も合うからだそうです。

だから、料理が初心者の私たちであっても、包丁に負担をかけないイチョウの木のまな板は、料理上手になる近道アイテムなのかもしれません。

そして、お手入れだって、実は簡単。少しのコツを知るだけで、気軽に長く使えるものなのです。

みたいなことを、ね。聞く会です。気になることは、それを作っている人から、気軽に聞いてしまいましょう。

なぜ、イチョウに目をつけたのか、福井さんはイチョウとなぜ関わることになったのか。

そんな、隠された物語も、当日のお楽しみにしていただければと思います。

とはいえ、何を話すかは全く決まってませんが。笑

サポート会員のみなさまの興味の赴くまま、ゆらゆらただよう新しい「お話し会」をどうぞお楽しみに!


内容:

今回は「イチョウの木のまな板」をテーマに、
woodpecker 福井賢治さんと一緒にあれやこれやと話して
まいります。

日時: 2月22日(金曜)19時〜20時半
定員:

15名

場所:

家具工房 ACROGE FURNITURE
東京都新宿区築地町6番地 北星ビル2階

その他注意事項:

※現地までの交通費等はお客様ご自身でのご手配、ご負担となります。
※準備の都合上、キャンセルは1週間前迄とさせていただきます。