main

自宅で続けるセルフジャーナリング

『てならい365日』は、”自分のこころ良い生活をつくる”一風変わったセルフジャーナリングです。

セルフジャーナリングとは?やり方はとても簡単。ノートを用意して、テーマについて書き出してみる、以上です。自分の内面と向き合うので「書く瞑想」とも言われています。

自分の生活の中での振る舞いや、使う道具を見つめ直すことで、自分はもちろん、つくり手や社会や環境も幸せになるような、そんな”自分のこころにも良いことをしている”と感じられる生活を、”こころ良い生活”と名付けてみます。

あなたにとって、”こころ良い生活”とは、どんな生活でしょうか。その生活に必要なのは、どんな道具や技術でしょうか。

てならい365日は、今の自分の生活を見直して、自分でこころよいと思える生活をつくる、自宅で取り組むセルフジャーナリング。毎月てならい堂からテーマに沿ったハガキを送ります。そのテーマに沿って取り組み、3ヶ月に一度、一つでいいので何か実践をすることがゴールです。実践した内容は、3ヶ月の終わりの「みんなでジャーナリング」で全員必ず、共有してください。大事なのは続けること。続けるために皆んなで共有して、新たな気づきを手に入れる。きっとそれが自分のこころ良い生活をつくるヒントとなるはずです。

会場は自宅、参加者はひとり、、、に見えますけれども、実は日本各地でたくさんの人が同じテーマに取り組んでくれています。一緒に取り組む仲間たちを想像しながら、皆さんもセルフジャーナリング始めてみませんか?。

 

みなさんはどんな生活がしたいですか?

img_1763

ふとした瞬間に、もっと丁寧に暮らしたいなとか、こんな生活が憧れだったんだよね、とかって感じても、毎日が忙しかったり、いや実はそんなに忙しくないはずなのに、いつの間にか日常に流されていって、忘れてしまう、、、誰しもそんな”がっかり”を感じたことがあると思います。

けれども、”箒で畳を掃いている時間は結構好き”とか、”週に一度だけ出汁をとる時間が至福”とか、”このお気に入りの器はいつか娘に受け継ぎたいと思って大切に使っている”、、、とかとか。そんな風に自分の心が動く道具やひと手間や時間や、そういうことを意識していると、生活はもっと豊かに感じられると思いませんか?

そのために、一度立ち止まって生活を見つめ直す。きっとみんな取りたかったそういう時間を、ひとりでやろうとしても流されちゃうから、けれど仲間と一緒に取り組んだら、きっと緩やかな習慣にできるんじゃないかな、って思いました。『てならい365日』はそのためのきっかけなんです。

 

一季節ごと3ヶ月1,100円で始められます。(サポート会員の方は無料です。)

春(4,5,6月)、夏(7,8,9月)、秋(10,11,12月)、冬(1,2,3月)

季節ごとにテーマを設けてます。そのテーマに沿って生活を見つめ直し、最後の月に「みんなでジャーナリリング」でご自身が体験したことの総まとめをしてみます。最後にはみんなでテーマについての五行詞を作るワークショップも行いますよ。

ご自宅で愉しむ『てならい365日』は簡単3ステップ、どなたでも時間や場所の制約なく、ご自身のペースで愉しんでもらえます。

1  

①『てならい365』に登録する

ご登録頂くと、毎月テーマに沿ったハガキをお送りします。(サポート会員の方は無料で参加いただけます。サポート会員についてはこちらからどうぞ。)

3  

② テーマに沿って、自由に生活を見つめ直してみる

(1)てならい堂の毎月の特集記事を読んでヒントを探す
(2)てならい(各種ワークショップ)に参加してみる

(3)てならい堂(ひみつの小店)に遊びに来てみる
(4)自身の生活の中で見つめ直してみる

などなど、それぞれのやり方で、自由にこころよい生活を探してください。

5   ③ 3ヶ月に一度の「みんなでジャーナリング」へ参加する

生活を見つめ直して見つけた、あなたが”こころ良い”と思える道具や、しつらえや、生活の技術などなど、、、ぜひ教えてください。

ついつい日常に流されてしまうので、ノートに記録することもおすすめです。

自分の3ヶ月のまとめをしましょう。他の参加者さんの意見も聞ける楽しみもあります。

*専用ノートあります。こちらから。

※3ヶ月に一度開催される『みんなでジャーナリング』では、質問に従って、感じたことを共有し、皆で一緒に考えてみます。どうやって取り組んでいいか分かんないなーという方、今回は何もできなかった、大歓迎。ひとまず手ぶらで参加してください。きっと新しい発見がありますよ。

次回開催は2022年12月11日 日曜日 9:30〜11:30(約2時間)

さあ、てならい堂と一緒に、”こころよい生活”見つけてみませんか。

「てならい便り」でもテーマを発表してます。ワークショップ情報もいち早くお知らせしてるので気になる方はこちらからどうぞ。